2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2017年7月25日

巡回展(防府会場)で講演会とギャラリートークを行いました

 当センターでは、市・町教育委員会などの協力を得て、新たに発掘調査で出土した資料について県内の各要施設を巡回、展示しています。今年度は、5会場で展示する計画で、現在は、防府市文化財郷土資料館(防府市桑山二丁目1ー1所在)で開催中です。期間は、8月31日(木)まで。これにあわせて、7月22日(土)にセンター職員を講師とする講演会ならびに展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会は、「ピラ掛け製品を見つめて-発掘資料が伝える萩焼の実像-」とのタイトルで、郷土山口を代表するやきもの萩焼に関して、発掘調査や史料調査の成果をまじえて、先ずその歴史全般を紹介しました。
 萩焼といえば、楽焼や唐津焼などとともに近世国焼の雄としての印象を強く抱きますが、とくに江戸時代の中頃から後半にかけては、高雅な作風というより寧ろ実生活に近い茶の湯をたのしむ器としての椀や皿、鉢などに広く関心がそそがれ行く感がいなめないことに触れました。
 そこで看過できない存在として浮かび上がる京焼、さらに萩と京の両者のはざまにおける窯業関係者など人々のうごめきのなかで、全く新しい「ピラ掛け」と称されるデザインの創出に辿り着くまでを追ってみました。
 展示解説では、秋根土塁(下関市)→殿久遺跡(美祢市)→堂道遺跡(山口市)→下津令遺跡(防府市)と順追って丁寧に、わかりやすく説明させていただきました。参加された皆さま方の終始熱心な態度や真剣な質疑のやりとりが、とても印象深く心に残る一日でした。

講演会_2.jpg

DSCN1238_2.jpg

 

2017年6月27日

※募集終了 親子古代体験「勾玉(まがたま)・管玉(くだたま)づくり」の参加者募集について

※募集終了いたしました。

 古代史を学び始めた子どもたちが、保護者と一緒に勾玉(まがたま)・管玉(くだたま)づくりを通して弥生・古墳時代の人々の技術を体験することにより、埋蔵文化財に対する理解と関心を深めることを目的とした体験学習を開催します。

詳しくは、親子古代体験募集案内(word)をご覧ください。
     親子古代体験募集案内 (PDF)

開催日時 平成29年8月3日(木) 13:00~15:30(予定)
申込締切 平成29年7月25日(火)※募集終了いたしました。
申込方法 メールまたは往復はがき

 

2017年6月 7日

巡回展(田布施会場)で講演会とギャラリートークを行いました

講演会風景.gif 今年度最初の巡回展「発掘された山口」は、4月1日(土)から6月30日(金)まで、田布施町郷土館(熊毛郡田布施町大字下田布施875番地6)で開催しています。
これを記念して、6月3日(土)には、中央公民館にて講演会、郷土館にて展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会では、「集落遺跡から考えるいにしえ人のくらし」と題して、田布施町の代表的な集落である明地遺跡や近隣にある高地性集落等を中心に、スライドと資料を交えながらお話しました。「町内には、まだ見つかっていない高地性集落はあるか」といった質問もあり、この地域に多い高地性集落への関心の高さがうかがえました。
 講演後は、場所を移動して、平成27年度に当センターで発掘調査を実施した4遺跡について、実際の出土品や写真パネルを示しながらギャラリートークを行いました。
 今回は、地元を中心に約20人の方々に御参加いただきました。なかには、以前、当センターが田布施町内の遺跡を調査した際、発掘作業員として参加されたという方もおられました。発掘調査をきっかけに、地元の埋蔵文化財や歴史に興味・関心を抱いてもらい、大変うれしく思いました。
 次回の巡回展は、防府市文化財郷土資料館(防府市桑山2丁目1番1号)にて、7月8日(土)から8月31日(木)まで開催する予定です。県内で近年調査したばかりの遺跡からの出土品を生で見ることのできる機会です。ふるって御来場ください。

 

2017年5月29日

勾玉づくり体験を開催しました

 公益財団法人山口県ひとづくり財団では、春・秋の年2回「セミナーパークふれあいフェスタ」を開催しています。広く県民の皆さまを対象に、「元気にチャレンジ! わくわく体験! どきどき発見!」をコンセプトとして、様々なスポーツや工作等が無料体験できる催し物です。
 本センターは、昨年度に引き続き、5月21日(日)に開催された春のフェスタに参加し、小・中学校児童・生徒を対象とした勾玉づくりを体験できるブースを設置しました。アクセサリーの歴史を学んで、自分だけのオンリーワン勾玉づくりにチャレンジしてもらい、各回45分間、定員12名で4回実施しました。
 モノづくりに対するこどもたちの好奇心や意欲は旺盛で、保護者の方々は目を細めてご覧になっていました。また、できあがった勾玉はストラップをつけてお持ち帰りいただきました。
 整理券の配布に行列ができるほどの盛況ぶりで、こうしたモノづくりを通じた歴史に関わる疑似体験の機会をさらに充実していきたいと考えています。

P1030561_2.jpg

 

2017年5月15日

出前授業に行ってきました(山口市立二島小学校)

 5月8日(月)、山口市立二島小学校で出前授業を実施しました。今回は6年生のクラスで「国のかたちができるころ」と題しての授業でした。授業では教科書にない内容を多くして、校区内にある兜山古墳・幸崎古墳群などの遺跡も紹介しました。授業中にはこれは何だろう、どんな味だろう、といった質問をしましたが、みんな積極的に意見を発表してくれました。
 授業の後には、近くの遺跡からの出土品を中心に土器・石器などを展示して、じかに手で触れてもらいました。みなさんからは、時代によって土器の重さが違う、むかしの人は普段から黒曜石のような使える材料をみつける努力をしていたと思う、といった感想を聞くことができました。
 授業ではみなさんが集中して聞いているのが感じられ、質問への反応が早いのにも驚きました。古墳時代の説明が駆け足になってしまいましたが、これを機会に児童のみなさんが歴史や身近な遺跡に興味をもってくれるよう願っています。

P1130487_2.jpg

 

2017年5月10日

出前授業に行ってきました(山口市立大殿小学校)

 4月28日(金)、山口市立大殿小学校で出前授業を実施しました。今回は、6年生の3クラスで「豊かな縄文時代と変化の弥生時代」と題しての授業でした。授業では教科書にない内容を多くして、どんな味だろう、これは何だろう、といった質問をしましたが、みんな積極的に意見を言ってくれました。
 授業の後には、近くの遺跡からの出土品を中心に土器・石器などを展示して、じかに手で触れてもらいました。みなさんからは、土器が思ったより軽い、柄を付けた石斧は重い、石鏃はささったら痛そう、といった感想を聞くことができました。
 どのクラスでも、授業中は比較的おとなしく聞いていた児童も、土器・石器などに触れる際には皆が積極的になり質問も多く出ました。やはり児童のみなさんにはこういう時間が大事なのだと改めて感じました。短縮授業だったこともあり、個別の土器・石器などについての説明が少なくなりましたが、これを機会に児童のみなさんが歴史に興味をもってくれるよう願っています。

P1130436_2.jpg