2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2018年11月 9日

萩市のショッピングセンターで出土品の展示会を開催しました

 文化財に親しんでいただくことを目的として、文部科学省(文化庁)が推進する文化財保護強調週間期間(11月1日~7日)中の11月4日(日)、「アトラス萩店」(萩市御許町42-1)を会場に、「地域イキイキ☆ふれ愛まいぶん」(見学無料)を開催しました。
 埋蔵文化財の公開施設に出かけて出土品を観覧するのとは趣を異にし、買い物の機会に軽い気持ちで出土品を見学し、また担当職員から直接解説を聞くことができる展示会です。
 山口県埋蔵文化財センターが収蔵・保管する縄文時代~中世の県内出土品に加え、今年度は明治150年記念事業の一環として、山口県埋蔵文化財センターからは萩城跡外堀地区・奇兵隊陣屋跡、共催の萩市からは大板山たたら製鉄遺跡・恵美須ヶ鼻造船所跡等、明治維新前後の出土品を展示し、関連解説パネルを掲示しました。
 出土品の解説は、職員のほか奈良・平安時代の官人・貴族風の衣装を着装した職員2名が行い、異空間を演出しました。また、希望される子どもたちには用意した古代人風の衣装を着てもらい、同伴の方が記念撮影をされる光景が見られました。
 120名を超える見学があり、私たちのふるさとで発掘された土器や石器などを身近に見学し、手に触れていただくことにより、ふるさとの埋蔵文化財に親しみ、興味・関心を高めていただく機会となったようです。
 このたびの開催にあたり、ご支援、ご協力いただきました関係各位に対し、あらめて心から厚くお礼申しあげます。

①.gif
②.gif

 

2018年11月 9日

 

2018年9月19日

本郷遺跡(ほんごういせき)現地説明会 ありがとうございました。

 山口県埋蔵文化財センターでは、長門市油谷向津具下にある本郷遺跡で発掘調査を実施しています。その成果を地域の皆様に紹介するため、9月8日(土)に現地説明会を開催しました。
 説明会では、小雨の中、古墳時代後期の水辺の祭祀跡を公開して、出土しているミニチュア土器の様子をみてもらいました。
 遺物展示コーナーでは、古墳時代後期の土師器・須恵器、祭祀に関連するミニチュア土器、平安時代の軒丸瓦・軒平瓦、輸入陶磁器などを見ていただきました。
 今回の発掘調査の検出遺構・出土遺物により、本郷遺跡は古墳時代後期の祭祀跡を伴う集落であったことがわかり、瓦の出土から平安時代には付近に寺院のあった地域であることがわかりました。
 約50名の方々の参加があり、熱心に説明を聞いていただきました。
 今後とも、地域の歴史に興味を持っていただき、遺跡の発掘調査にご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。


1_P9080448.gif

発掘現場(祭祀跡)の解説状況

2_P9080456.gif
遺物の解説状況

 

2018年9月19日

出前授業に行ってきました(岩国市立美和中学校)

 平成30年9月3日(月)、岩国市立美和中学校で出前授業を行いました。
 授業は1・2年生合同で、第3時限に「自然との共生から国家の成立まで」と題して考古資料からみた古墳時代までの歴史を解説し、第4時限に発掘調査の実際について説明しました。そして授業の最後には、生徒の皆さんに展示遺物に実際に触れてもらい、質問などに答えました。なお、展示資料は隣接地区にある郷遺跡(岩国市本郷)の出土品を中心に選びました。
 最初は恐る恐る展示品に触っていた生徒の皆さんも、全員が縄文土器など各種の遺物にふれ、友だちと感想を話し合っていました。土器の重さや手触りなどを確かめた生徒の皆さんからは、「勾玉の穴はどうやってあけたの」、「提瓶(さげべ)のかたちにはどういう意味があるの」といった質問がありました。また終わりのあいさつでは、代表の生徒さんから「普段見たり触れたりできないものに接して興味深かった」、「発掘調査の裏話が聞けてよかった」といった感想を聞くことができました。
 今回の出前授業を通して、生徒の皆さんが地元の歴史を身近に感じてもらえたら幸いです。                                  (岩崎)


P1150634.gif

 

2018年7月 9日

巡回展(山陽小野田会場)で講演会とギャラリートークを行いました

 今年度2会場目の巡回展「発掘された山口」は、6月29日(金)から7月29日(日)まで、山陽小野田市歴史民俗資料館(山陽小野田市栄町9-21)で開催中です。
 そのスタートを記念して、6月29日(金)に、市立中央図書館で講演会を行い、その後歴史民俗資料館に移動して展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会では、「埋蔵文化財にみる山陽小野田市の地域文化」と題し、旧山陽町側と旧小野田市側の埋蔵文化財の分布やその特徴の違いについて、パワーポイントを用いながら、時代を追って説明を行いました。
 ギャラリートークでは、平成28年度に発掘調査を実施した下関市中ノ浜遺跡や防府市下津令遺跡について、出土品や展示パネルを示しながら解説を行いました。
 あいにくの雨ではありましたが、多くの方々にご参加いただき、闊達なご質問もいただきました。質問には、「製塩土器でどのようにして塩分濃度を高めるのか」や「中世の土師器皿に白色と赤色のものがあるが、どう違うのか」などがあり、参加者の皆さんの観察眼の鋭さもうかがえました。
 次回の巡回展は、防府市文化財郷土資料館(防府市桑山2丁目1-1)にて、8月12日(日)から9月23日(日)まで開催の予定です。当センターが調査した市内の出土品を直接目にする数少ない機会でもあります。ふるってのご来場をお待ちしております。

DSC_2153.gif

講演会風景

 

2018年6月21日

職場体験学習を受入れました

 6月12日(火)・13日(水)の2日間、山口市立湯田中学校の2年生3名が職場体験学習を行いました。
 初日は、発掘調査や出土品の整理・展示など、当センターの様々な業務について映像を使ってお話した後、センター来所者に気持ちよく観覧いただけるよう、展示ケースの清掃を体験しました。また、遺跡から出土した土器の破片どうしの接合、足りない部分への石こう入れなどの実技実習を行いました。
 2日目は、遺跡からの出土品を貸し出す際に、破損を防ぐためのクッション(梱包材)づくりに挑戦しました。また、午後からは職員の指導のもと、センターが実施している体験学習の指導員を想定した、勾玉・管玉の装身具製作を疑似体験しました。
 日常的なあいさつをはじめ、担当職員の話をよく聞いて、コミュニケーションを取りながら仕事をやり遂げようとする姿勢が随所にみられ、社会人として働くための意識や心構えなどの自覚形成が感じとれた2日間でした。

土器の接合体験.gif

土器の接合体験

勾玉・管玉づくり体験.gif

勾玉・管玉づくり体験