2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2017年2月16日

巡回展(宇部会場)で講演会とギャラリートークを行いました

 今年度最終展示となる巡回展「発掘された山口」は、学びの森くすのき(宇部市船木361-6)を会場に、2月26日(日)まで開催しています。開催期間中の2月12日(日)に、11人の方にご参加いただき、展示会場で講演会と展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会では、「陸の遺跡と海の遺跡」と題して、水中に没している遺跡(水中遺跡)のお話をしました。遺跡の保護については、これまで陸上の発掘調査でわかった歴史的なできごとが中心でしたが、これからは水中遺跡の調査により、海を舞台とした歴史事象を加えることによって、日本の歴史と文化をより正しく、豊かに理解することができるのではないか、との説明をしました。
 また、山口県の水中遺跡の内容や日本における水中遺跡の調査のうち、琵琶湖底遺跡(滋賀県)・鷹島海底遺跡(長崎県松浦市)のほか、いろは丸(広島県福山市)・開陽丸(北海道江差町)等の沈没船調査のようすを画像を用いて紹介しました。
 なお、平成29年度の巡回展は、平成27年度に行った4遺跡の発掘調査の成果を県内5か所(田布施町・防府市・山陽小野田市・長門市・宇部市)で巡回・展示します。随時、開催地からイベント情報が発信されますので、ご来場をお待ちしております。

【添付写真】ギャラリートーク.JPG

 

2017年2月13日

阿弥陀寺(あみだじ)現地説明会を開催しました

現説風景.gif 
 山口県埋蔵文化財センターでは、上坂本東大川の砂防ダム設置工事に先立って、防府市牟礼にある阿弥陀寺で発掘調査を行っています。2月4日(土)には、その成果を地域の皆さまに紹介するため、現地説明会を開催しました。心配されていた天候にも恵まれ、約110人という大変多くの皆さまに参加していただきました。
 阿弥陀寺は中世の山林寺院で、発掘調査で僧の住まいである僧(そう)坊(ぼう)跡と推定される、基(き)壇(だん)をもつ礎(そ)石(せき)建物のほか、石段や石垣、門の礎石、池状遺構がみつかりました。説明会では、石段から門を通って建物に至るという順路で説明しました。石段を上るとみえてくる石積みの基壇に、参加者の皆さまは一様に驚いておられるようすでした。
 最後は、建物のさらに上の方から、遺跡全体と防府平野を一望していただきました。参加者の皆さまには、なぜ阿弥陀寺がこのような山の中腹に建てられたのだろうか、当時の防府平野はどのようにみえたのだろうかなど、いろいろと想像をふくらませていただけたことと思います。
 この度の発掘調査は2月で終了しますが、県内でも著名な阿弥陀寺で、詳細の不明であった僧坊の1つがみつかったことで、地域の歴史に新たな1ページが加わることと期待しています。

 

2017年1月31日

阿弥陀寺(あみだじ)発掘調査の現地説明会のお知らせ(2月4日(土))

 山口県埋蔵文化財センターでは、砂防工事に先立ち、防府市牟礼にある阿弥陀寺の発掘調査を実施しています。このたび、現地説明会を下記のとおり開催いたしますので、多数の皆様方のご参加をお待ちしています。
 発掘調査では、阿弥陀寺創建期にほど近い鎌倉時代の僧坊跡と推定される基壇をもつ礎石建物のほか、それに伴う石段や石垣が見つかり、当時の僧坊の全体像を把握できる貴重な成果が得られました。
 これらの調査成果について、担当職員が地元や一般県民の方々を対象として、現場案内や出土品の紹介などを交えながら解説します。

1 日 時   平成29年2月4日(土)  10:00~11:30
         *雨天中止〔開催の確認は下記携帯電話までお問い合わせください〕

2 場 所   阿弥陀寺発掘調査現場(防府市牟礼)

3 問い合わせ先  山口県埋蔵文化財センター(担当:岡田〔おかだ〕)
TEL:080-2896-2874(現場携帯電話)

阿弥陀寺現地説明会案内添付写真.jpg

 

2016年12月21日

巡回展(岩国会場)で講演会とギャラリートークを行いました

 山口県埋蔵文化財センターと岩国市教育委員会が共同で開催中の巡回展「発掘された山口」<会場=岩国徴古館(岩国市横山2丁目7-19)、期間=平成28年11月27日(日)~平成29年1月22日(日)>に伴って、12月18日(日)に講演会と展示解説を行いました。参加(聴講)者数は、35名。その終始熱心な態度は、とても印象的でした。先ず講演会では、江戸時代における萩藩と岩国藩の「やきもの」にスポットをあてて、いまにのこる製品(出土品/伝世品)を紹介するとともに、そこからみえてくる史的背景にアプローチ。看過できないのが京焼の存在で、とくに岩国藩は、その陶工や技術を如何にとり込んで行ったのかに迫ってみました。講演の終わりに、「萩焼にある“ピラ掛け”の名称の由来は?」や「岩国藩吉向窯の製品にみとめられる“岩国山焼”とは?」などと質問が寄せられ、適宜返答させていただきました。続く展示解説では、各遺跡の内容や特徴的な土器などについて、できる限りゆっくりと、わかりやすくお話しをいたし、皆さまのご理解を賜るよう心がけたつもりです。いずれにしましても、講師の大役を仰せつかりました私自身にとりまして、今回の講演会と展示解説は、とても有意義なものであり、これにより一人でも多くの参加(聴講)者が埋蔵文化財への関心を深めていただけることとなれば、これに過ぎたる喜びはないように思えてならないのが正直なところであります。ありがとうございました。

写真1:講演会(サンライフ岩国)2.jpg

写真2:展示解説(岩国徴古館)2.jpg

 

2016年10月19日

巡回展(美祢会場)で講演会とギャラリートークを行いました

 今年度6会場目の巡回展「発掘された山口」は、10月1日(土)から11月16日(水)まで、美祢市歴史民俗資料館(美祢市大嶺町東分279-1)で開催中です。
 これを記念して、10月9日(土)には、美祢図書館にて講演会、歴史民俗資料館にて展示解説(ギャラリートーク)を行いました。
 講演会では、「発掘された美祢の中世~最近の調査成果から~」と題して、近年、当センターが美祢市内で実施した、下村遺跡B地区、殿久遺跡、江の河原遺跡の発掘調査を中心に、スライドと資料を交えながらお話しました。講演後のギャラリートークでは、平成26年度に発掘調査を実施した遺跡について、出土品や写真パネルを示しながら解説を行いました。
 3連休の中日ではありましたが、地元の歴史に詳しい方々を含む10人の方々に参加いただき、闊達なご質問やご意見をいただきました。「殿久遺跡の20棟以上ある掘立柱建物群のうち、一度に建っていたのはどのくらいか」や「下村遺跡の地元有力者層と関わる建物が、現在の中心地から外れるのはなぜか」など、かなり突っ込んだ質問もあり、こちらも勉強になりました。
 次回の巡回展は、岩国市立岩国徴古館(岩国市横山2丁目7-19)にて、11月27日(日)から平成29年1月22日(日)まで開催の予定です。ふるってご来場ください。

ギャラリートーク風景.gif

 

2016年10月 7日

下津令遺跡(しもつりょういせき)現地説明会 ありがとうございました

 山口県埋蔵文化財センターでは、防府市台道にある下津令遺跡で発掘調査を実施しています。その成果を地域の皆様に紹介するため、10月1日(土)に現地説明会を開催しました。
 説明会では、室町時代後期の掘立柱建物、井戸、方形土坑、溝などの当時の集落に関わる遺構や、宴会やまつりの後に捨てた皿などを見ていただきました。また、県内でも珍しい李朝陶器の徳利が出土した状態を紹介しました。また、遺物展示コーナーでは、弥生時代末から室町時代にかけてのさまざまな出土品をひとつひとつ説明しました。
足元の悪い中、約70名の方々の参加があり、熱心に説明を聞いていただきました。下津令遺跡の発掘調査が4年目ということもあり、皆さんよくご存知でしたが、それでも毎年あらたな発見があることに嬉しそうな表情をされていたことが印象に残っています。
ほ場整備事業に伴う下津令遺跡の発掘調査は今年度で終了しますが、地域の歴史はまだまだ地下に埋もれています。今後とも、地域の歴史に興味を持っていただき、遺跡の発掘調査にご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

shi2016.jpg