2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

[2012年6月]の記事リスト

2012年6月12日

巡回展(長門市)の記念講演と展示品解説を行いました

  当センターが22年度に実施した発掘調査成果の巡回展「発掘された山口」が、6月6日(水)から、長門歴史民俗資料室で開催されています。開催に合わせて、8日(金)に講演と展示品の解説を行いました。
  最初に教育委員会別館で「遺跡からみた古代・中世の山口」と題して、講演を行いました。長門市でこれまでに発掘調査が行われた古代・中世の遺跡を紹介し、山口県の古代・中世の遺跡の特徴についてお話ししました。
その後、巡回展会場の歴史民俗資料室に移動し、展示品が出土した遺跡の概要や代表的な出土品についての説明を行いました。20名あまりの観覧者の皆さんからはいろいろな質問があり、興味や関心を持っていただいたことを嬉しく思いました。
長門での会期は、6月26日(火)までとなっておりすので、興味をお持ちの方は会場に足を運んでみてください。
(石井)
                            

2012年6月11日

土器復元体験学習を行いました

名称未設定-1.jpg 光市教育委員会からの依頼を受けて、6月8日に土器復元体験学習を実施しました。参加者は、同市で埋蔵文化財の整理作業などを手伝っているボランティアグル-プ(9名)。持参された自作の土器片を教材として、接合→復元に挑戦されました。とくに復元では、石膏の流し込み方や、乾燥する前に削り取って形を整えるタイミングが難しいようで、センタ-職員のアドバイスを受ける姿が多く見られました。今回の体験を通じて、参加者のスキルアップにつながることを期待しています。