2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

[講座・研修]カテゴリーの記事リスト

2014年8月 6日

平成26年度まいぶんスクール-授業に活かせる埋蔵文化財講座-を実施しました

s-P1000963.gif
 山口県埋蔵文化財センターは、「まいぶんスクール」-授業に活かせる埋蔵文化財講座-と題した教員を対象とした講座を、平成23年度に開講しました。4年目の今年は8月4日に実施し、小学校と高等学校あわせて9名の先生が受講されました。
午前中は、埋蔵文化財と発掘調査の概要や埋蔵文化財の活用方法などの講義の後、遺跡から出土した土器片の接合実習を行いました。細かく割れた多くの破片の中から、接合する破片を見つけ出す作業には、少々苦戦されていたようです。
午後は、雨天のため、発掘調査実習を中止し、代わりに、埋蔵文化財センターが過去実施した調査の映像ビデオを紹介しながら、発掘調査の工程を説明しました。
その後、縄文時代の遺跡から出土した編みかごの紹介や編み方について説明を行いました。続いて、ペーパークラフトテープを素材とした編みかごづくりを行いました。約2時間の作業で、全ての方が、青森県の三内丸山遺跡で出土したものと同じ編み方・サイズの編みかごを完成されました。
受講された先生方からは、発掘体験ができなくて残念だった、実際に土器に触ってみて質感がよくわかった、本物の土器を授業にも使ってみたい等の感想が聞かれました。
これを契機に、今後、学校教育活動でより積極的に埋蔵文化財を活用していただきたいと思います。

 

2014年8月 3日

7月30日「親子古代体験を行いました」

s2写真①.gifs1写真②.gif 今回の親子古代体験では、山口市内や周南市から5組12名の親子の参加があり、ロウ鏡(ロウソクで作った鏡の模造品)作りに挑戦していただきました。
 鏡の文様を自由にデッサンし、ロウを流し込む粘土の型枠に文様をつけてもらうのが主な作業です。当初、これらの作業は、小学校の中高学年にとって少々むずかしいのではないかと思っていましたが、主催者側の不安をよそに、実にユニークな文様が着々と仕上がっていきました。あらためて、子どもたちの豊かな発想力に感心する次第です。
 また、作業の合間には、土器接合体験にも取り組んでいただきました。今回の体験をとおして、センターの仕事に少しでもご理解をいただき、興味をもっていただけたなら幸いです。
 来年以降もさまざまなテーマで親子古代体験を実施する予定です。多くの方々の参加をお待ちしております。なお、ご意見・ご要望などがありましたら、本ホームページの問い合わせフォームにお寄せください。

 

2011年8月 9日

教員10年経験者研修を行いました

研修風景127.jpg研修風景227.jpg 8月3日(水)~8日(月)、「山口県10年経験者研修」を実施しました。これは、本県に採用され、10年を経験した教員を対象とするもので、中学校および高等学校から3名の参加者がありました。
 研修1日目は、当センタ-が同時期に実施する「まいぶんスク-ル」-授業に活かせる埋蔵文化財講座-に参加。2~3日目は、講義のほか、土器の復元や拓本に関する実習、整備された史跡(大内氏館跡/朝田墳墓群など)の視察をしていただきました。
 とくに実習は、土器など実物に触れ、洗浄→接合→復元と細かな作業を通じて、扱いに慣れていただくカリキュラムとしました。その結果、“これまで教科書に掲載された土器などが、身近に感じられるようになった。今後は、学校現場に借り出して、教材として積極的に活用したい。”との声が聞こえてきました。
 今回の研修が、参加された教員の皆様方にとって有意義なものとなり、実際に学校現場で活かされることにつながれば、私たちセンタ-職員としても大変うれしいことです。

 

2011年8月 5日

平成23年度まいぶんスクール-授業に活かせる埋蔵文化財講座-を実施しました

発掘体験.jpg土器接合.jpg 山口県埋蔵文化財センターでは、「まいぶんスクール」-授業に活かせる埋蔵文化財講座-と題して、社会科を担当される小中学校の教員を対象とした講座を開設しました。初年度となる今年は8月3日に実施し、12名の先生が受講されました。
午前中は、センターで埋蔵文化財の概要や出土品の利用方法などの講義の後、遺跡から出土した土器片の洗浄や接合の実習を行いました。多くの破片の中から、接合する破片を探しだすのはなかなかたいへんだったようです。午後は、山口市秋穂二島の萩原(はぎはら)遺跡・古大里(ふるおおり)遺跡に移動しての発掘体験を行いました。受講者のみなさんは、照りつける強い日差しの中、硬くなった土に苦戦しながら、土器のかけらを掘り出す作業に熱中され、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
受講者からは、発掘調査や出土品整理が地道な手間のかかる作業であることがよくわかったとの感想が多くよせられました。この講座を、学校活動の中でより積極的に埋蔵文化財を活用していただく契機としていただきたいと思います。