2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2019年5月27日

出前授業に行ってきました(山口市立大殿小学校)

 山口市立大殿小学校の6年生3クラス合同の93人を対象として、令和元年5月9日に出前授業を行いました。
 持参した出土遺物をもとに、縄文・弥生時代の特色を児童自身が考えることを主な流れとして授業を構成しました。大人数での一斉授業でしたが、児童との対話形式を取り入れつつ、体験学習、出土遺物の展示、パワーポイントでの説明などを織り交ぜて、なるべくわかりやすい説明に心がけました。
 大殿小学校周辺にある「大内氏関連町並遺跡」(山口赤十字病院敷地内)の発掘調査で出土した遺物や調査の様子を紹介したところ、高い興味関心が寄せられました。縄文時代の長さ(1万数千年)を平成時代・弥生時代などと比較して、巻尺の長さに換算して示した場面では、その長さを実感して驚く児童の様子が印象的でした。
 縄文・弥生・古墳時代の土器破片3点セットを配布し実際に触れて時代順に並べるクイズは、児童が楽しみながらも興味深く歴史を理解する良き体験学習になりました。
 今回の出前授業を通じて、児童の皆さんが地域の歴史や発掘調査に興味を持ち、歴史についてより一層深く学んでいくきっかけになれば幸いです。

P1170156 大殿小学校出前授業2〈トリミング縮小).jpg

このエントリーのトラックバックURL