2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

2021年7月12日

出前授業に行ってきました(宇部市立二俣瀬小学校)

 令和3年6月24日(木)、宇部市立二俣瀬小学校において6年生を対象に出前授業を行いました。授業は、新型コロナウィルス感染拡大防止対策(マスクの着用、3密の回避、十分な換気等)を行った上で、学校側から要望のあった縄文~古墳時代における土器や石器等の道具の変遷を観察することで、人々の考えや生活様式の変化を学習する時間として、午後から計2時限を使って実施しました。
 前半は、児童にセンターが製作・持参した古代人風の男女各衣装を身につけて授業を受けてもらい、縄文・弥生・古墳の各時代について、「この時代はこんな時代だった」ことが自分で話せるように、縄文~弥生時代の生活や文化、社会等をお話ししました。また、児童へは要点となるプリントを配布しました。
 後半では、教科書や映像では学びにくい実感の伴った理解が得られるよう、持参した縄文~古墳時代の土器・石器等の実物や柄を装着した石斧のレプリカ類に触れる時間としました。最後に、レプリカを使った体験タイムとして、弓矢を発射する縄文時代の狩り、石包丁を用いた弥生時代のイネ刈りを疑似体験しました。
 生活や社会の変化に対応した縄文~古墳時代の人々の技術と知恵を学び、体感することにより、児童のみなさんが日本や地域の歴史への興味を深めていただければ幸いです。

写真①.JPG

写真②.JPG

このエントリーのトラックバックURL